ふと思い出した

小学校の頃の不思議な思い出なんですが、
同級生の寺の息子Uが、夏休みの自由研究で、
紙粘土で日蓮和尚の銅像を作ってきたんですよ。

「なんだその、渋いの!!」と当然話題になったんですが、
不思議なのはそのあと。
うちの学校では自由研究をしばらくの間体育館に飾っていたのですが、
その間にそのUが作った日蓮和尚が壊されたんです。

しかもうっかりおとして壊れたって感じじゃなくて、
明らかに叩き潰した拳の跡がはっきりと・・・。

Uは寺の息子とはいえ、普通の活発な男の子で、
そんなことをされるタイプでは全然ないんです!!

だから「誰がやったのか?」ってことも不思議だったんですが、
それよりももっと不思議だったのは、学校の先生も犯人の追及をしなかったこと。

普通大問題になるじゃないですか!!

でも不問だったんです。
U自身も「形あるものはいつか壊れる」なんて
珍しく寺の息子っぽいことを言っていて・・・。

あれはいったい何だったんだ??
U側が大騒ぎしないように言ったのかな??

コメントは受け付けていません。