ビタミンP=へスペリジン!?

 

ヘスペリジンは体を冷やさない成分として冷え性の方には積極的に摂取してもらいたいものです。あまり耳慣れない成分かもしれませんが、へスペリジンはミカンなどの柑橘系の果物によく含まれています。柑橘系の果物というと、剥いた後の皮を利用して、ちょっと手に擦ってマッサージボールのように使ってみたり、と何かと昔から利用されているものですよね。あの柑橘系の果物の香りがなんとも気持ちをリラックスさせてくれますよね。柑橘系の果物はこのようにとても身近にある、良く使える「モノ」なのです。

へスぺリジンは毛細血管の流れをよくする作用があるので、だから冷え性の方に積極的に摂取してもらいたいものです。つまり冬にミカン、というのは実はおいしいだけでなく、理に適っているのです。ミカンを食べることによって冷え性がマシになる…おいしくて寒い冬には嬉しい効果です。冷え性の方でミカンが好きな方は積極的に食べてください。特にへスペリジンは温州ミカンに多く含まれているそうですよ!ミカンが苦手な方はサプリメントを上手に使ってください。

コメントは受け付けていません。