窓を変えたのだけれども。。。

最近、家の中でも寒さを感じています。去年はそれほど感じませんでしたが、何故か今年は家の中が寒い!だから何枚も服を重ね着したりしていますが、でもどうにも寒さは収まりません。きっと去年の春に窓を新しくして、その窓があまりよくないのだと思います。私の家は賃貸なので、窓の変更もマンションがお金を払ってくれたので私たちは何も払わなくても良かったのですが、でもこの窓、あまり良いとは思えません。もちろん新しい窓なので見た目は綺麗でいいのですが、結露がひどかったりと、どう考えても冬用の窓だとは思えません。いつか自分たちの家を建てることができたら、絶対に冬でも温かいダブルガラスの窓を使いたいです。窓って何気なく思っていますが、でも寒さや暑さを考えたときにとっても大事なものだったりします。日本では家は古くなったら全て壊して建て替えますが、でもヨーロッパなど石造りで家を作っている地域は、家が古くなると窓だけ交換して、そのままの古い家に住む人も多いと聞きました。石造りの家と木製の家とではもちろん勝手が違いますが、でも寒さを感じないようにする工夫はどこも同じです。窓からはじめる家づくり、なんていうのもちょっと素敵だと思いませんか?

コメントは受け付けていません。